スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党の参院選公約「米軍基地見直し」削除(読売新聞)

 民主党の夏の参院選公約の外交・安全保障分野の全容が14日、判明した。

 昨年の衆院選政権公約(マニフェスト)にあった「在日米軍基地のあり方について見直しの方向で臨む」とした表現を削除し、ソマリア沖の海賊対策で自衛隊の活用を明記した。社民党の連立離脱を受けて現実路線にかじを切ったのが特徴だ。

 衆院選公約の外交・安保部分との鮮明な違いは日米関係の位置づけ。冒頭にあった「緊密で対等な日米関係を築く」は、参院選公約では「総合安全保障、経済、文化などの分野で関係を強化することで日米同盟を深化させる」とし、米側の警戒や、日米安保の在り方を巡る論争を呼んだ「対等」の位置づけを弱めた。

 沖縄の米軍普天間飛行場移設問題では、5月末の日米合意で一定の結論が出たとの観点から、基地自体の「見直し」は盛り込まず、「日米合意に基づいて、沖縄の負担軽減に取り組む」とし、日米合意の実現を目指す姿勢を明確にする。日米地位協定は引き続き「改定を提起する」とした。

 海賊対策は、衆院選公約では避けた自衛隊の活用を明記し、「自衛隊などの海賊対処活動を継続」とした。

 衆院選公約からの一連の変化は、社民党の連立離脱を受けたもの。社民党離脱前は、在日米軍基地について「引き続き見直しの方向で臨む」とし、海賊対処活動の実施主体は「自衛隊や海上保安庁」としていたものを改めた。

 ◇民主党参院選公約の外交・安全保障分野の要旨は以下の通り。

 ▽総合安全保障、経済、文化分野の関係を強化し、日米関係を深化させる。普天間基地移設問題は日米合意に基づき、沖縄の負担軽減に全力を尽くす。

 ▽海上輸送の安全確保と国際貢献のため、自衛隊などの海賊対処活動を継続。

 ▽防衛大綱・中期防衛計画を本年中に策定し、豪州、韓国、インドとの防衛協力を推進。中国の防衛政策の透明性を求めつつ、防衛交流など信頼関係を強化。

 ▽防衛生産技術基盤の維持・活性化を図るため、平和国家理念を前提に、防衛装備品の民間転用を推進。

奄美で震度3(時事通信)
化学工場で8人負傷=塩酸漏れる―千葉(時事通信)
消費税引き上げ「必要」66%…読売世論調査(読売新聞)
<七夕の夜>水都・大阪に地上の天の川(毎日新聞)
会期延長、民主で慎重論広がる=国民新「郵政先送りなら離脱も」(時事通信)
スポンサーサイト

種牛主力級5頭は陰性、49頭は殺処分されず(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫問題で、同県は30日、西都(さいと)市で経過観察中の主力級種牛5頭について、29日に採取した検体はウイルス検査で陰性だったと発表した。

 また、新たに川南(かわみなみ)町など1市4町の計14農場の牛と豚が感染した疑いがあることを明らかにした。発生(疑い例も含む)は2市5町の238施設、殺処分される家畜は、計16万3492頭となった。

 高鍋町の県家畜改良事業団に残っている種牛49頭は、この日も殺処分は行われなかった。県は「30日にも処分する」としていたが、作業を行う獣医師らが確保できなかったと説明している。

母親に聞く、子どもと結婚の話をしない理由(Business Media 誠)
パロマ元社長ら控訴断念の方針、有罪確定へ(読売新聞)
<掘り出しニュース>キックのアマ日本王者山田さん、プロデビューへ 「目標は世界戦」(毎日新聞)
「頭越しだ」沖縄県知事が日米共同声明に不快感(産経新聞)
今季のトキ繁殖困難に…カラスが悪者だった?(産経新聞)

<但馬牛>種牛3頭を移動へ 兵庫(毎日新聞)

 家畜伝染病「口蹄疫」に備え、兵庫県は25日、高級ブランド牛「但馬牛」の種牛12頭のうち3頭を、飼育する県立農林水産技術総合センター(同県加西市)から約40キロ離れた同センター北部農業技術センター(同県朝来市)へ移動させると発表した。実施は26日。感染リスクを分散させる狙い。県によると、「福芳土井(ふくよしどい)」など肉質がいい子牛が生まれるとして人気が高い種牛3頭を移動させる。農林水産技術総合センターで飼育する種牛候補21頭のうち3頭も移動させる。

 同センターで採取済みの精液約5300本は既に北部農業技術センターへ移動させた。【内田幸一】

【関連ニュース】
口蹄疫:「対策法案」自民と公明が提出
口蹄疫:「種牛5頭守れ」 宮崎県、新畜舎を建設
口蹄疫:赤松農相、初めて陳謝
口蹄疫:雇用調整助成金支給要件を緩和 厚労相
口蹄疫:高速バスに消毒液マット

福井新聞記者を逮捕=複製DVD販売で―福井県警(時事通信)
<携帯電話>在来線トンネルでは99%つながらず エリア報告書公表(毎日新聞)
<訃報>梶木剛さん73歳=文芸評論家(毎日新聞)
後藤組元組長、逆転有罪 ビル所有権不正登記(産経新聞)
これからも応援したい、と思う一発芸人は?(Business Media 誠)

淀川女性遺体 「息子引き取りたい」職求め全国転々(毎日新聞)

 大阪府高槻市の淀川堤防斜面で先月29日、遺体で見つかった宇野津由子(つゆこ)さん(当時36歳)は派遣切りで職を失い、今年初めまで大阪府松原市の雇用促進住宅で暮らしていた。「住み込みの仕事が見つかった」と大阪府豊能町に越したが、わずか数カ月後、遺体で発見された。事情があって子どもと離別し、派遣労働者として各地を渡り歩いていた。「お金をためて、いつかは子どもを引き取りたい」。知人に漏らしていた夢がかなうことはなくなった。

 知人らによると、宇野さんは離婚後、福岡市のアパートで生まれたばかりの息子と2人で暮らしていた。しかし、家賃を滞納し部屋を飛び出した。その後、長野、愛知などを転々とし、部品製造工場などで派遣労働者として働いた。その間、息子は施設に預けた。

 08年末、景気悪化で派遣労働者の解雇が相次ぎ、「年越し派遣村」が設置されるなどした。宇野さんも愛知県で「派遣切り」に遭い、09年1月、職探しの間、低家賃で住める松原市の雇用促進住宅に移り住んだ。4畳半と6畳の和室2間で家賃は約2万円。引っ越しの際、宇野さんは衣服が入ったかばん二つしか持っていなかった。

 自治会長の男性(68)は「何も持っていなかったので、こたつや蛍光灯をあげた。その日の食べ物にも苦労している様子だった」と振り返る。

 派遣先で知り合った女性2人が後から越してくると、宇野さんは「こたつもあるし、お金も節約できるので一緒に住もう」と提案し、部屋に招いた。このうちの1人で沖縄に住む女性(23)は「彼女はよく笑う明るい人だった。『いつかお金をためて子どもを引き取りたい』と言っていたのに……。事件に関与した人は許せない」と言葉を詰まらせた。

 女性2人は実家に帰った。自治会長の男性によると、残った宇野さんは寂しそうだった。しかし今年に入って「住み込みの仕事で豊能町に行く」とうれしそうに報告してきたという。

 それから約3カ月後、宇野さんは遺体で見つかった。15日、宇野さんは大阪市内で荼毘(だび)に付された。実父らが見送った。

勝間vs香山…結局、自分で見つける「幸せ」(産経新聞)
【舞台はここに】五木寛之「親鸞」 京都・六角堂(産経新聞)
<岡田外相>日中韓外相会談で韓国へ出発(毎日新聞)
千葉で観光バスなど3台事故、12人けが(読売新聞)
自動車火災 軍手、鳥の巣 意外な火元(産経新聞)

反捕鯨団体捜査 豪法相が協力表明(産経新聞)

 中井洽国家公安委員長は6日、連休中に訪問したオーストラリアで会談したマクレランド法相が、調査捕鯨船妨害事件で東京海上保安部が傷害容疑などで逮捕状を取った反捕鯨団体「シー・シェパード」代表のポール・ワトソン容疑者に関する捜査への協力を表明したと明らかにした。

 中井氏の協力要請にマクレランド法相は「捕鯨に対する考えは(日豪間で)別だが、破壊行為は断固許すべきではない。日本側の立場を断固支持し、協力したい」と述べたという。

【関連記事】
「クジラを食べるな」DNA鑑定まで駆使し“日本食監視”
「調査捕鯨監督官」古川紘子さん 重要さ、公正さ知ってもらいたい
外交切り離し捜査 SS元船長起訴で検察側
「最後まで戦え」とSS・ベスーン容疑者の父
イルカ漁は法令に基づく伝統的漁業 「ザ・コーブ」踏まえ政府が答弁書決定
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<強風>100畳大凧が横転、露店直撃 1人軽傷 愛媛(毎日新聞)
<幹細胞>政府の姿勢を「研究阻害」と批判…京都大准教授(毎日新聞)
パソコン200台詐取=容疑で元IT社員逮捕-警視庁(時事通信)
国会議員半減で地方分権を=選挙協力は否定-日本創新党(時事通信)
もんじゅで誤警報か=運転に影響なし-原子力機構(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。