スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臓器移植の新規登録者 4分の1が「親族優先」(産経新聞)

 改正臓器移植法の親族優先提供で、今月15日からの10日間に日本臓器移植ネットワークのホームページから登録システムを使って臓器提供の意志を新たに登録した695人のうち、4分の1にあたる168人が親族への優先提供を希望していたことが25日、厚生労働省の調べで分かった。

 また、登録システムでこれまでに臓器提供の意思を表明した約5万3400人のうち、約2500人が親族優先提供ができるように登録内容を更新した。

 親族優先の意思表示は、登録システム以外にもドナー(提供者)カードなどへの書き込みも可能で、実際に意思表示をした人はさらに多いとみられる。

 親族優先提供は、親子と配偶者に限り優先して臓器提供ができることを認めた制度で、17日に施行された。臓器移植患者団体連絡会の大久保通方代表幹事は「新規登録者の4分の1が親族提供を希望するというのは、予想よりも多い。親族がレシピエント(臓器提供を受ける人)登録していない人も、多数含まれているとみられる」と話している。 

【関連記事】
業者と接触医師、警告後もメール 金沢大渡航移植仲介疑惑
臓器移植の親族優先 移植医療に入り込む感情
臓器移植の親族優先提供、世界でも類を見ない制度の是非
86例目の脳死移植実施 大阪市で40代男性提供者
臓器移植ネットワーク前会長の小紫芳夫氏死去

海自の商船護衛100回、防衛相が指揮官を激励(読売新聞)
政府が「検察リーク」否定の答弁書を閣議決定(産経新聞)
<九州新幹線>全線開業は来年3月 新設の3駅名も決定(毎日新聞)
鳥取不審死 殺人容疑 逮捕状請求へ 36歳女、週内にも(産経新聞)
センター試験の外国人参政権「容認」 川端文科相「問題ない」(産経新聞)
スポンサーサイト

<文化財防火デー>本番さながらの訓練 太宰府天満宮(毎日新聞)

 文化財防火デーの26日、福岡県太宰府市の太宰府天満宮で防火訓練があった。国の重要文化財の本殿や回廊から出火したとの想定で、天満宮の自衛消防隊や筑紫野太宰府消防本部など約200人が参加した。

【関連記事】大寒:太宰府天満宮では飛梅ほころぶ

 楼門前に設置された出火点を目標に、自衛消防隊の巫女(みこ)や神職が消火栓3本から放水し、茶店の従業員らもバケツリレーなどをした。消防車やはしご車も駆けつけ、本番さながらの訓練となった。

 また、そろいの法被(はっぴ)を着た天満宮幼稚園児たち約200人のパレードも参拝客の目を引いた。【扇沢秀明】

【関連ニュース】
【関連記事】縁起物が小型化 太宰府天満宮
【関連記事】寅:新年を待つ 太宰府天満宮
【関連記事】片岡仁左衛門さん:「菅原伝授手習鑑」で菅丞相役 天満宮で上演成功祈願 /福岡
<天満宮といえば受験>受験と私・第2回「神様は努力を見ているよ」 押見昌純さん(湯島天満宮禰宜)

小沢氏会見「家族名義」「現金保管」詳細語らず(読売新聞)
【from Editor】今年は青森がブレーク?(産経新聞)
京都女子大名誉教授 山川瑞明氏死去(産経新聞)
春の訪れ、早めか=気象庁3カ月予報(時事通信)
「小沢容疑者」と誤表記=22日付大阪版朝刊に-産経新聞(時事通信)

東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資名目-2億4000万詐取容疑・警視庁(時事通信)

 東京電力に多額の売掛金があるよう偽り、オリックスから約2億4000万円の融資をだまし取ったとして、警視庁捜査2課などは22日までに、詐欺容疑などで、元東京電力営業所長中田桂市容疑者(57)と知人のコンサルタント会社社長松本一輝容疑者(51)を逮捕した。
 同課によると、「詐欺をした覚えはない」などと述べ、いずれも容疑を否認。同様の手口でほかにも融資数億円をだまし取った疑いがあるとみて、捜査している。
 逮捕容疑は2008年9月中旬、コンサル会社が東京電力から業務を受注し、約4億円の売掛金があるとする契約書などを偽造。オリックスに売掛金を担保として融資を申し込み、約2億4000万円分の小切手2枚を詐取した疑い。
 融資後、オリックスの調査で契約が架空であると判明。同社が警視庁に告訴していた。 

【関連ニュース】
近ツー元社員を取り調べ=旅行積み立て7億円詐取容疑
サイト利用料を架空請求=未遂容疑で15人逮捕
県にプルサーマル実施要請=福島第1原発3号機で
振り込め被害8500万か=容疑で男2人逮捕

<節分の縁起物>くま手づくり最盛期 愛知・西尾の勝山寺(毎日新聞)
亀井氏「国民の相当数、冷静な判断能力ない」(読売新聞)
<訃報>神山喜一郎さん82歳=神山洋一日本農薬社長の父(毎日新聞)
中3男子、飛び降り自殺か=マンション踊り場に靴-愛知(時事通信)
<鳩山首相>「国民から失笑」今度は自嘲 言葉軽く(毎日新聞)

<大阪出資法違反>女相場師に懲役3年求刑 2月15日判決(毎日新聞)

 株投資などで高配当を約束し、多額の資金を集めたとして、出資法違反(預かり金の禁止)罪に問われた大阪府泉佐野市、無職、岩田矩子(ともこ)被告(55)の公判が21日、大阪地裁(出口博章裁判官)であった。検察側は「出資者の信用を裏切り悪質」として懲役3年、罰金200万円を求刑した。弁護側は情状酌量を求め、結審した。判決は2月15日。

 起訴状によると、岩田被告は07年4月~09年1月、元本保証と配当支払いを約束して26人から投資を募り、約2億3750万円を預かったとされる。

<著作権法>新聞協会が反対意見書 2次利用緩和に(毎日新聞)
偽装献金、小沢氏問題で論戦へ=19日から代表質問(時事通信)
小沢幹事長 4億円の原資どう説明…23日に任意聴取(毎日新聞)
自民追及チームが小沢氏の不動産を視察へ(産経新聞)
<なべ漁場>岩手側で合意 青森の漁業者と新たなすみ分け案(毎日新聞)

飼い主はどこ?カメレオンとウサギ拾われる(読売新聞)

 横浜市保土ヶ谷区でカメレオンと、ウサギが1匹ずつ見つかり、拾得物として届け出を受けた保土ヶ谷署は、飼い主を捜している。

 同署幹部や市立野毛山動物園によると、カメレオンはイエメン原産の「エボシカメレオン」の雄で、体長37センチ。19日午後5時頃、同区法泉の民家の庭にいるのを、この家の主婦が見つけた。

 ウサギは体長約20センチ。ネザーランド・ドワーフ系の雑種で成獣とみられる。同日午前10時半頃に、同区狩場町の市児童遊園地で、敷地内にある環境活動支援センターの男性職員が発見した。

 問い合わせは、同署会計課(045・335・0110)へ。

<原子力事故>初期医療を支援する専門チーム発足 放医研(毎日新聞)
<阪神大震災>犠牲者追悼で「灯のつどい」 東京で開催(毎日新聞)
「金出せ」ポケットの60円渡したら逃走(読売新聞)
現場マンションに指紋の男、再逮捕へ 南青山の飲食店従業員殺害(産経新聞)
首相「検察へ圧力ない」 陸山会事件発言で釈明 参院代表質問(産経新聞)

<大寒>太宰府天満宮では飛梅ほころぶ(毎日新聞)

 暦の上で最も寒い時期とされる大寒の20日、九州・山口は暖かい朝を迎えた。福岡管区気象台によると、福岡市は午前7時に12.2度を観測し、最高気温は平年より9.5度高い4月中旬並みの19度になる見込み。福岡県太宰府市の太宰府天満宮ではご神木の飛梅がほころび始めた。

 飛梅は本殿に向かって右側に植えられ、この日は白い花2輪を咲かせているのが確認された。境内には200種6000本の梅があり、見ごろは2月中旬ごろという。

 福岡管区気象台によると、暖かさは日本海の低気圧に南側から暖かい空気が入ったため。20日夜は天気が崩れ、その後は寒気が戻るという。【扇沢秀明】

【関連ニュース】
植物ウイルス:梅1500本伐採も 東京・青梅の名所
プラム・ポックス・ウイルス:東京・青梅の観光名所、梅1500本伐採も
ロウバイ:習志野・梅林園で開花 /千葉
早咲き梅:川口で開花 /埼玉
白梅:白いかれんな花咲かせる 本部町

社民・福島氏「小沢氏は説明を」(読売新聞)
「首相、小沢氏と一蓮托生まずい」7奉行が会合(読売新聞)
清水建設元作業所長ら書類送検=パイプライン工事爆発-新潟県警(時事通信)
小沢氏の説明に期待感 「大変望ましい」 鳩山首相(産経新聞)
「10年後の東京」プログラム、364事業 子育て支援、耐震強化…(産経新聞)

<彬子さま>皇族2人目の博士号を取得(毎日新聞)

 宮内庁は22日、寛仁(ともひと)親王殿下の長女彬子(あきこ)さま(28)が哲学博士の学位を取得したと発表した。皇族の博士号取得は、秋篠宮さまの理学博士に次いで2人目。

 同庁によると、彬子さまは19日に英オックスフォード大マートン・カレッジで博士号の口頭試験を受けていた。博士論文の趣旨は「19世紀から20世紀にかけての大英博物館での日本美術収集と展示の事例から、英国人の日本美術観がどのように変化していったかを明らかにした」という。

 また、彬子さまが同大の留学を終えて31日に帰国することが、22日の閣議で報告された。彬子さまは04年10月から5年4カ月間、留学していた。

<土地購入事件>小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える(毎日新聞)
首相の「どうぞ闘って」に不見識・不用意と批判(読売新聞)
巡査を懲戒免職=男子短大生監禁事件-兵庫県警(時事通信)
阪神大震災 「中越」被災者が交流 山桜の箸贈る(毎日新聞)
検察批判ではない=自らの発言を釈明-鳩山首相(時事通信)

「高卒までに喫煙」45.9% 半数が吸って後悔(産経新聞)

 若者の半数近くが高校卒業までの間に喫煙を経験-。こんな実態が製薬会社「ファイザー」の調査で分かった。昨年10月、20代の喫煙者1千人を対象にインターネットで調査した。

 調査結果によると、最初に喫煙を経験した時期は「高校生」25.8%、「中学生」16.1%、「小学生」4%で、高卒までで計45.9%を占めた。喫煙のきっかけは「友達の勧め」が50.9%と最多で、「ストレス解消になると思った」30.2%、「かっこいい」23.5%、「親が吸っていた」18.4%など。

 一方、52%が「吸って後悔したことがある」と回答。特にニコチン依存症(697人)では63.8%に上った。「自分の子供は喫煙しないでほしい」と考える人は63.5%だった。

 「どんなきっかけがあれば禁煙するか」では、「たばこの価格が上がったら」が54.5%と過半数。「自分や妻、恋人が妊娠したら」47.9%、「健康を損ねたら」41.4%-などだった。

【関連記事】
喫煙への執着心 1500円でも“肉食系”は高め
タバコで毒物、脳梗塞…「私のようにならないで」
酸素吸引中に喫煙し火災…6年で26人死亡、厚労省が注意喚起
肺がん死リスク8倍…喫煙は「棺桶の釘」
たばこ1箱400円…やめますか?

自民党がどう変わろうと国民には関係ない(産経新聞)
総務省、NTT西に業務改善命令 顧客情報を不正提供(産経新聞)
<訃報>前川誠郎さん89歳=元国立西洋美術館長、美術史家(毎日新聞)
取り調べ録音テープ再生始まる 第4回公判で 宇都宮地裁(産経新聞)
弁護士に逆転有罪=証人威迫の差し戻し審-広島地裁(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。